試してみた

【詳細手順】Google AlertとFeedlyの連携方法!

2月 23, 2021

f:id:sshouyuu:20210223145743j:plain

Covid-19が流行し始めてしばらくたち、緊急事態宣言の発令やワクチンの接種開始など、知っておくべきニュースが多い時期になっています。

私自身、普段はあまりテレビのニュースを見ないことから、このあたりの情報に疎くなっているため、最新の情報をキャッチするためにGoogle AlertとFeedlyを活用しています。

この記事では、Google AlertとFeedlyを連携して、独自のまとめニュースを作る方法を紹介します。

 

Google Alertとは

Googleが提供しているサービスで、特定のトピックについて新しい検索結果が見つかったときに通知をしてくれるサービスです。

例えば、緊急事態宣言に関する情報が欲しい場合は、あらかじめ「緊急事態宣言」のキーワードを設定しておくことで、RSSやメールで情報を通知してくれます。

自分から各種ニュースサイトにアクセスすることなく、待っていれば最新情報を教えてくれるとても便利なサービスです。

 

Feedlyとは

情報収集を効率化できるサービスです。RSSリーターというカテゴリのサービスになります。

あらかじめ情報源となるHPを登録しておくことで、そこで配信される最新情報をFeedly上で読むことができます。

android, iOSともにアプリがあり、ブラウザでも利用可能なので、いろいろな端末で情報収集が可能です。

 

二つを組み合わせると何がうれしいか

f:id:sshouyuu:20210223162157j:plain

情報を集めるときは、必要な情報があり、読みやすい形でまとまっていることが大事だと思っています。

 

大事なポイント

  1. 自分が必要なピンポイントの情報を収集できる
  2. 読みやすい形で情報を見ることができる

 

必要な情報が網羅されていなければ、結果的に他のサービスで情報を探す必要がありますし、読みずらいデザインであれば、そもそもそのサービスを利用しないからです。

Google Alertはピンポイントの情報を集めることは得意ですが、いざニュースを読もうとすると、画面の作り的にあまり見やすい構成にはなっていません。

一方、Feedlyのみを使用する場合、ソースとなるキーワードの設定は可能ですが、Google Alertほど柔軟な設定はできません。

ということで、自分が必要な情報をピンポイントで集めることができること、それを見やすい形で読めることから、Google AlertとFeedlyを組み合わせて情報を集めることはとてもおすすめです

 

Google AlertとFeedlyの連携方法

連携のためにはいくつかの設定が必要になります。

ここから設定の手順について説明していきます。

 

概要

設定の流れは下のようなかたちになります。

 

Google Alertの設定

配信したいニュースのキーワードを設定します。

1. Googleアカウントの作成
2. Google Alertのキーワード作成
3. RSSリンクの取得

 

Feedlyの設定

Google Alertで設定したキーワードの情報とFeedlyに取り込みます。

4. Feedlyアカウントの作成
5. FeedlyのRSS設定ファイルをダウンロード
6. RSS設定ファイルを更新
7. FeedlyのRSS設定ファイルをアップロード
8. 動作確認

 

Google Alertの設定

Googleアカウントの作成(アカウントを持っている場合は手順2へ)

GoogleのHPにアクセスしアカウントを作成します。

画面右上の「ログイン」ボタンからアカウントを作成することができます。

https://www.google.com/

f:id:sshouyuu:20210223152641p:plain

 

Google Alertのキーワード作成

Google Alertにアクセスします。

https://www.google.co.jp/alerts

f:id:sshouyuu:20210223152948p:plain

 

アラートを作成します。

例として、「緊急事態宣言」というキーワードのアラートを作成します。

緊急事態宣言と入力し、「アラート作成」ボタンをクリックします。

 

f:id:sshouyuu:20210223153024p:plain

 

アラートが作成されると、マイアラートに「緊急事態宣言」が表示されます。

 

f:id:sshouyuu:20210223153112p:plain

 

Feedlyでこの情報を取得するために、アラートの設定を変更します。

緊急事態宣言の右側に表示されている、鉛筆マークをクリックします。

 

f:id:sshouyuu:20210223153234p:plain

 

配信先を「RSSフィード」に変更し、「アラートの更新」をクリックします。

 

f:id:sshouyuu:20210223153308p:plain

 

設定が完了すると、RSSフィードのアイコンが表示されます。

 

f:id:sshouyuu:20210223153348p:plain

 

RSSリンクの取得

Feedlyの設定で必要な情報をメモしておきます。

RSSフィードアイコンを右クリックし、「リンクのアドレスをコピー」をクリックします。

画面上は何も変化がありませんが、クリップボードにアドレスがコピーされます。

f:id:sshouyuu:20210223153454p:plain

 

メモ帳等にリンクを貼り付けておきます。

リンクは下のような構成になっています。

実際のリンクは、下記例のnnnの部分が数字になっています。

 

https://www.google.co.jp/alerts/feeds/nnnnnnnnnnnnnnnnnn/nnnnnnnnnnnnnnnnnn

 

以上でGoogle Alertの設定は完了です。

次にFeedlyの設定手順について説明していきます。

 

Feedlyの設定

Feedlyアカウントの作成

FeedlyのHPにアクセスします。

https://feedly.com/

画面右上の「LOGIN」をクリックします。

f:id:sshouyuu:20210223153821p:plain

 

ログイン方法を選択します。

GoogleやFacebookなど、ログインのオプションがいくつもあるので便利です。

アカウント作成に関する後続の手順については、画面の表示に従います。

 

f:id:sshouyuu:20210223153924p:plain

 

FeedlyのRSS設定ファイルをダウンロード

Google Alertの設定手順で作成した、「緊急事態宣言」に関するソースをFeedlyに設定します。

まず、Feedlyの設定ファイルを画面左下の緑色のボタンからダウンロードします。

 

f:id:sshouyuu:20210223154120p:plain

 

「Organize Sources」をクリックします。

 

f:id:sshouyuu:20210223154346p:plain

 

画面右上の「矢印」ボタンをクリックします。

 

f:id:sshouyuu:20210223154447p:plain

 

画面中央の緑色のボタンをクリックし、設定ファイルをダウンロードします。

設定ファイルのことをOPMLファイルといいます。

 

f:id:sshouyuu:20210223154513p:plain

 

緑色のボタンをクリックすると、ファイルがダウンロードされます。

 

f:id:sshouyuu:20210223163049p:plain

 

RSS設定ファイルを更新

これまでの手順でダウンロードしたファイルを開きます。

f:id:sshouyuu:20210223162609p:plain

 

ファイルを開くためのアプリを選択します。

「そのほかのアプリ」をクリックします。

 

f:id:sshouyuu:20210223154719p:plain

 

「メモ帳」を選択し、「OK」をクリックします。

この例ではメモ帳を指定していますが、他に普段使っているものがあればそちらを選択します。

 

f:id:sshouyuu:20210223154759p:plain

 

設定ファイルにGoogle Alertの情報を入れます。

今回の設定では、outlineで囲まれている部分を更新していきます。

更新箇所に関する説明は下記の通りです。

 

f:id:sshouyuu:20210223154947p:plain

 

設定例は下記の通りです。

 

<body>
<outline text="Google Alart" title="Google Alart">
<outline type="rss" text="緊急事態宣言" title="緊急事態宣言" xmlUrl="https://www.google.co.jp/alerts/feeds/nnnnnnnnnnnnnnnnnnnn/nnnnnnnnnnnnnnnnnnnn"/>
</outline>
</body>

 

上記のように設定すると、Feedlyでは「Google Alert > 緊急事態宣言」 の階層で表示されます。

 

f:id:sshouyuu:20210223155301p:plain

 

FeedlyのRSS設定ファイルをアップロード

次に、更新した設定ファイルをFeedlyにアップロードします。

画面右上の「IMPORT OPML」をクリック。

f:id:sshouyuu:20210223155501p:plain

 

画面中央の緑色のボタンをクリックし、先ほどのファイルを選択します。

 

f:id:sshouyuu:20210223162833p:plain

 

アップロードが完了するとNew Sourcesに「緊急事態宣言」が表示されます。

この状態で画面右上の「ORGANIZE SOURCES」をクリックします。

 

f:id:sshouyuu:20210223160113p:plain

 

Organize Sourceの一覧に、「緊急事態宣言」が表示されていれば、設定完了です。

 

f:id:sshouyuu:20210223155720p:plain

 

動作確認

画面左側に表示されている「緊急事態宣言」をクリックします。

f:id:sshouyuu:20210223160431p:plain

 

緊急事態に関連するニュースが一覧で表示されます。

 

f:id:sshouyuu:20210223155822p:plain

Google Alertに関するTips

ANDやORでキーワードをつなげることができます。

「緊急事態宣言 」と「コロナウイルス」いずれかのキーワードが含まれている記事が欲しい場合。

f:id:sshouyuu:20210223161819p:plain

 

「緊急事態宣言 」と「コロナウイルス」両方のキーワードが含まれている記事が欲しい場合。

 

f:id:sshouyuu:20210223161937p:plain

 

まとめ

Covid-19が流行し始めてしばらくたち、緊急事態宣言の発令やワクチンの接種開始など、知っておくべきニュースが多い時期になっています。

私自身、普段はあまりテレビのニュースを見ないことから、このあたりの情報に疎くなっているため、最新の情報をキャッチするためにこの設定をしてみました。

Covid-19関連にとどまらず、特定のキーワードに関する情報を収集するのにとても有効な方法だと思います。

良いなと思った方はぜひ試してみてください。

 

1
関連記事iPhoneの写真をアップロード! Amazon photos 容量無制限

続きを見る

 

-試してみた

© 2021 hastublo