ガジェット 在宅勤務

ロボット掃除機のすすめ 【Anker Eufy 15C Max】

3月 10, 2021

f:id:sshouyuu:20210310225139p:plain

hastublo
こんにちは。hastublo(@hatsublo)です。

 

部屋の掃除、とても面倒ですよね。

掃除機をかけてもかけても気が付いたらホコリがたまっていて、終わりがない戦いという感じです。

特に、リモートワークが始まってからは、部屋の中で動くことが多くなり、通勤していた時よりもホコリがたまるようになった気がします。

 

この記事について

掃除はロボット掃除機に任せて楽をしましょう!

この記事ではコスパ最高のロボット掃除機、Anker Eufy 15C Maxについて紹介します。

 

ロボット掃除機を利用しよう!

ここ数年で購入したものの中で、もっと早く買っておけばよかったランキングを付けるとしたら、ロボット掃除機がランキングトップにきます。

それくらい、普段の生活をとても楽にしてくれるのが、ロボット掃除機です。

 

ロボット掃除機を使うことで得られるメリット

床掃除の手間がなくなる

もともとダイソンの掃除機を使っていて、週1程度で掃除をしていました。

一方で、ロボット掃除機を使い始めてからは、ほぼ毎日ロボット掃除機が掃除をしてくれています。

掃除開始のタイミングをアプリでスケジュールできるので、掃除開始の操作すら不要になり、床掃除の手間から解放されました。

 

床にものを置かなくなる

以前は床にいろんなものを置きっぱなしにしてしていました。

ロボット掃除機を導入してからは、ちゃんと掃除をしてもらうために、床にものを置かなくなりました。

その習慣ができるまでは少し時間がかかると思いますが、掃除の手間がなくなることを考えると、ものを置かない習慣を作るのは全く苦になりませんでした。

 

おすすめのロボット掃除機【Eufy 15c max】

Eufy 15c maxとは

hastublo
Ankerが販売しているロボット掃除機です。

Ankerと聞くと、バッテリーやスマホ関連のガジェットのイメージが強いと思います

しかし、実はロボット掃除機も販売しており、コスパの高さや機能性からとても人気商品となっています。

 

f:id:sshouyuu:20210310221706p:plain

特徴

ロボット掃除機といわれて真っ先にイメージされるのはルンバだと思います。

Eufyは主要な機能を備えながら、ルンバと比較してコスパが良いロボット掃除機です。

 

オススメの理由

コスパが良い

主要な機能を備え、十分な吸引力があるロボット掃除機を20,000円台前半で購入できるのはとてもっコスパが良いです。

 

ゴミを捨てやすい

ゴミがたまる箱をカンタンに取り外すことができます。

また、この箱は水洗いができるため、清潔な状態を保つことができます。

 

f:id:sshouyuu:20210310221842p:plain

 

吸引力が強い

最大2000Paの協力な吸引力でゴミを吸い取ってくれます。

床の状態に合わせて最適な設定でゴミの吸引をする、BoostIQテクノロジーが搭載されています。

BoostIQのを使えば、フローリングやカーペット等、床の状況にあわせて掃除モードを変更する手間が不要です。

 

アプリがよくできている

ロボット掃除機をアプリから操作することができます。

よく使っているアプリの機能を紹介します。

iPhoneアプリはこちら。「EufyHome」。

f:id:sshouyuu:20210310220842p:plain

 

スタート/ストップメニュー

ストップ中の画面。

f:id:sshouyuu:20210310220952p:plain

掃除中の画面

f:id:sshouyuu:20210310221017p:plain

 

充電ドックに帰すメニュー

f:id:sshouyuu:20210310221131p:plain

 

モード切替

f:id:sshouyuu:20210310221222p:plain

 

モードについて

  • オート:掃除が完了するまで、他のモードに自動的に切り替えながら最適な掃除経路が選択されます。
  • クイッククリーニング:掃除開始から30分後に自動的に充電ポートに戻ります。
  • スポット:特定の場所を円を描くように集中的に掃除します。掃除開始から2分後に自動的に停止します。
  • エッジ:壁周辺を重点的に掃除します。掃除開始から20分後に自動的に充電ポートに戻ります。

スケジュール

曜日ごとに掃除開始時刻を設定することができます。

f:id:sshouyuu:20210310221247p:plain

ボディが薄型

本体の高さが7.2cmしかないので、ソファーや棚の下にも入り込みやすい形になっています。

 

気を付けるところ

境界線の設定をできない

上位機種は境界線テープを使うことで、進入禁止エリアを設定することができます。

しかし、Eufy 15C Maxにはその機能が無いため、進入禁止エリアを設定できません。

部屋の中で、掃除機をかけたくない場所がある場合は、ものを置いて物理的に進入できないようにする必要があります。

 

ケーブルを巻き込まないように注意

すべてのロボット掃除機に共通することだと思いますが、床にケーブルが落ちているとブラシに巻き込んでしまいます。

巻き込まれるとケーブルが傷んでしまうことがあります。

 

WiFiの周波数帯域

Eufy 15C Maxは2.4GHz帯をサポートしています。

5GHz帯はサポートされていないので、WiFiに接続できない場合はルーターの設定確認が必要かもしれません。

 

まとめ Anker Eufy 15C Max

この記事ではロボット掃除機の紹介と利用するときのメリット・デメリットについてまとめました。

ロボット掃除機を一度使い始めると、もう元の掃除スタイルには戻れないなと思っています。

床の掃除はロボット掃除機にやってもらって、空いた時間をほかの大事なことに使うことができるようになって、とてもハッピーです。

-ガジェット, 在宅勤務

© 2021 hastublo