在宅勤務の工夫 なぜ水分補給に気を使っているか?

f:id:sshouyuu:20210215190907j:plain

COVID-19が流行して、在宅勤務中心の働き方になりました。

もともと働くことを想定して部屋を作っていなかったので、在宅勤務が始まった当初はいろいろと苦労しました。

在宅勤務が1年以上続き、快適な仕事環境を作るためにいろいろな工夫をしています。

私と同じように、在宅勤務が続いている人も多いのではないかと思います。

ブログの中で自分がやっている工夫についてご紹介していきます。 

この記事では在宅勤務中の水分補給について紹介します。

 

目次

 

なぜ水分補給に気を使っているか?

f:id:sshouyuu:20210215191036j:plain

オフィスで働いていると、同僚の動きがきっかけとなって、水を取りに行ったり休憩をとったりすることがあります。

在宅勤務の場合は、きっかけとなるイベントが少なくなるため、なかなか水分を取らなかったり、休憩しない人も多いのではないかと思います。

 

水分が足りていないと何が起こるか

水分が足りていないと、作業の効率が低下する可能性があるようです。

イギリスのイースト・ロンドン大学ウェストミンスター大学が実施した調査では、「知的作業に集中する前に500mlの水を飲んだ人は、飲まなかった人に比べて14%も反応時間が速くなった」という結果が得られました。
※ Subjective thirst moderates changes in speed of responding associated with water consumption, Front. Hum. Neurosci., 16 July 2013

できる人こそ水を飲む!?仕事の集中力・生産性を高める秘訣は「水分補給」だった | サニクリーン より引用

 

自分が取り組んでいること

f:id:sshouyuu:20210215193249j:plain

デスクに電気ケトルとコップを置き、都度お湯を沸かしながら水分補給をしています。

在宅勤務中の水分補給を妨げる原因は大きく2つあると思っています。

  1. 水分補給するきっかけがない
  2. 飲み物を作るのが面倒

 

 テーブルにケトルとコップを置いておくと、意識しなくても目に入るので、意識しなくても自然とコップを手に取ることが多くなります。

また、ポットは容量が大きいので、毎回席を立たなくても飲み物の準備が整います。

 

ということで、デスクに電気ケトルとコップを置いておけば、水分補給を妨げる原因を取り除くことができます。

メリットとデメリットを簡単にまとめています。

メリット
  • 水分補給のきっかけを作りやすい。
  • 飲み物の準備が楽。
  • 加湿できる。
デメリット
  • 沸騰音がうるさい。 

 

この時期は暖房を入れると部屋が乾燥してしまいます。

ケトルを近くにおいておけば、お湯を沸かすたびに加湿できます。 

 

まとめ

在宅勤務中のおすすめの水分補給方法について紹介しました。

暖かくなってきたら、夏バージョンの記事も書いてみようと思います。