【設定手順まとめ】Google Analytics 4で内部アクセスを除外する設定手順を紹介!

 

f:id:sshouyuu:20210207203720p:plain

この記事では、Google Analyticsで自分のアクセスを集計対象外にするための設定について方法についてまとめています。

Google Analyticsは2020年にアップデートがあり、バージョン4になりました。

それに伴い、以前のバージョンと比較して、画面のレイアウトが少し変わっています。

この記事では新しいバージョンである、Google Analytics4での設定手順をまとめています。 

Google Analyticsにおける内部アクセスをカウント対象外にする仕組み

Google Analyticsでは内部アクセスをカウントしないためのフィルタを設定することができます。

フィルタを設定していない場合は、下の絵のように、HPに対するすべてのアクセスをカウント対象となっています。

f:id:sshouyuu:20210207193526p:plain

 

フィルタの設定をすることで、下の絵のように、一部のアクセスをカウント対象外とすることができます。

f:id:sshouyuu:20210207193617p:plain


フィルタの設定には2つのステップがあります。

ステップ1 内部アクセスとみなす条件を決める

IPアドレスを基準に内部アクセスとみなす条件を作ることができます。

f:id:sshouyuu:20210207194458p:plain

 

ステップ2 内部アクセスをカウント対象外とするフィルタを設定する

f:id:sshouyuu:20210207194822p:plain

 

概要の説明は以上になります。

ここから具体的な設定手順の説明を始めます。

 

設定の概要

ステップ1 内部アクセスとみなす条件を決める

Google Analyticsにログインし、下記①②の順でクリック。

f:id:sshouyuu:20210207200049p:plain

 

フィルタ設定対象のデータストリームをクリック。

f:id:sshouyuu:20210207200418p:plain

 

画面下の方の、「タグ付けの詳細設定」をクリック。

f:id:sshouyuu:20210207200610p:plain

 

画面下の方の、「内部トラフィックの定義」をクリック。

f:id:sshouyuu:20210207200744p:plain

 

「作成」をクリック。

f:id:sshouyuu:20210207200852p:plain

 

画面赤字の通り設定

f:id:sshouyuu:20210207201331p:plain

 

IPアドレスを確認」をクリックすると、IPを確認するための別サイトの一覧が表示されます。

下の画面は一例です。赤で塗りつぶしているところの数字をIPアドレス欄に設定します。

f:id:sshouyuu:20210207201504p:plain

 

各項目の入力が終わったら、「作成」をクリック。

f:id:sshouyuu:20210207201710p:plain

 

手順の詳細については公式のページを参照してください。

support.google.com

 

以上でステップ1は完了です。

 

 

ステップ2 内部アクセスをカウント対象外とするフィルタを設定する

「データフィルタ」をクリック。

f:id:sshouyuu:20210207201913p:plain

 

下画像の赤枠項目を入力。

f:id:sshouyuu:20210207202237p:plain

 

手順の詳細については公式のページを参照してください。

support.google.com

 

以上で手順2の設定は完了です。

 

設定内容が反映されるまでに少し時間がかかるので、翌日くらいに動作を確認するのがオススメです。

 

まとめ

Google Analytics4での内部アクセス除外の設定手順についてまとめました。